So-net無料ブログ作成

咳対策アロマ [アロマレシピ(健康編)]

咳は出始めると辛いですよね。

私も咳は小さい頃から悩みの種でした。


咳の原因は、風邪からだけでなく

自律神経の不調や、免疫力が低下することからも

起こりますので、その原因によっても使う精油が

変わってきます。


私の経験から効果のあったケアの仕方を

ご紹介しておきますね。


まず、一般的に咳と言うと「ユーカリ ラディアータ」が言われますが、

余りひどい時にユーカリを使うと刺激になってしまう場合もあり、

吸入などの高濃度で吸い込んでしまうケアは避けて下さい。

(一般的に喘息・咳のケアに効果があると言われていますが、

使い方に気をつける必要がある精油です。

子供さんが使用する時は、芳香浴で使用するくらいが

いいと思います。)



呼吸器系に効果的な精油

・フランキンセンス

・ラベンサラ

・マージョラム

・シダーーウッド

・カユプテ

・ユーカリ ラディアータ


免疫力UP・炎症を和らげる

・ラベンダー

・レモン

・ティーツリー


咳がひどい時は、背中の背骨上部(肩甲骨の高さあたり)が

凝っているので、その辺を指圧やマッサージをします。


【マッサージオイル】

ベースオイル  10ml

精油   4滴(希釈2%)~30滴(希釈15%)

を作り、背中に塗布します。

(3歳以上~子供さんの場合は、2%でしてください。)

※このレシピは、薬効を期待した通常より高い希尺度です。
日常で使用する場合は、1,2%での利用を推奨をされています。




注意: 喘息の咳の場合は、リラックス作用のある精油の使用は、 タブーです。 体質で喘息のある人は、ラベンダーやマジョラムなどの リラックス作用が強い精油は気をつけてください。 人はリラックスすると気管が細くなるので、喘息の方は 発作が起きやすくなります。 喘息の発作が出ている時は、精油の使用はせず、 日常でケアをして行くようにして下さい。


seki.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。